Brandish The Dark Revenant/mp1 01.scp

From Learning Languages Through Video Games<br />
Jump to: navigation, search
どれほどの時間が経っただろうか。

……幸いな事に、,命を落さずに済んだようだ。

どうやら、ここは,かなり古い廃墟のようだ。

空気は湿り気を含んでおり、,ひんやりと肌に冷たい。

はるか遠方に,塔のような構造物が見える。

地上に出るには、,あの塔を目指すしかなさそうだ。

壁が崩れかかっている。

壁が壊れている。

鍵が開いた!

#6C    忘却の都    ,  世を悲しみ神に背き  , 自らその身を地中に沈め ,   永遠の時を眠る

#6C 死を恐れぬ者のために ,  この地は存在する  ,    さもなくば    , ここより進まぬが賢明

#6C   碑石に宿る宝は   , 一帯を踏破せし者にのみ ,    与えられる

 魔法屋

いらっしゃい。,ゆっくり見てってね。

また来てちょうだいね。

%d GOLDだけど買う?

どうも、ありがとね。

お金が足りないようね。

これ以上持てないんじゃない?

%d GOLDでどう?

どうも、ありがとね。

悪いけど、それは買い取れないね。

また新しいのが来たね。,今度は兄さんか。#K#Dあんたも気が付いたら,ここにいたってクチだろ?,ま、大抵みんなそんなもんさ。
#K#Dそういえばさっき,裸みたいな格好した姉さんが、,男を捜してるって言ってたっけ。#K#D察するにあんたのことだろ?,ふふ、色男はつらいね。#K#Dでもね、気を付けた方がいいよ。#K#Dあのお姉さん、ここで,けっこうゴッツイ攻撃魔法用の,杖を買っていったからね。#K#Dどんな事情かは知らないけど、,今度会ったらすぐにでも,謝った方がいいよ。#K#D焼かれて、炭になった後じゃ,遅いからね。#K#Dあっ、そうそう。,近くにある泉には行ってみたかい。#K#Dあの水のおかげで,あたし達は生きていられるのさ。#K#D聞いた話だと、,この世界はとてつもない,エネルギーの塊らしいからね。#K#D何が起こっても不思議は無いのさ。,まあ、せいぜい,気を付けて行くんだね。#K

あのお姉さんの様子からするに、,どうやらあんた相当な,うらみを買ってるみたいだね。#K#Dどんな事情かは知らないけど、,今度会ったらすぐにでも,謝った方がいいよ。#K#D焼かれて、炭になった後じゃ,遅いからね。#K

 武器屋

いらっしゃい。

またな。

%d GOLDだが、買うか?

すまんね。

金が足らないようだな。

荷物が一杯のようだな。

%d GOLDでどうだ?

すまんね。

そいつは引き取れないな。

あんた新顔のようだが、,この世界で生きのびたいのなら,何もしない方がいいぜ。#K#Dもしくは、俺のように暇潰しに,武器でも集めて商売することだ。#K#Dこれでけっこう人が来るんだよ。,あんたみたいのがね。#K#D俺は仲間と一緒に落っこちて来たが,今はもう俺しかいない。#K#Dあとのやつらは皆死んだよ。,ここから出ようとしたからだ。#K#D悪いことは言わねえから、,あんたも俺の様に,じっとしているこった。#K#Dこんな所でもな、,住んじまえば都ってもんさ。#K

悪いことは言わねえから、,あんたも俺の様に,じっとしているこった。#K#Dこんな所でもな、,住んじまえば都ってもんさ。#K

 道具屋

いらっしゃい。

またお越し下され。

%d GOLDだが買うかね?

どうもすまないね。

お金が足りないね。

荷物が一杯のようだね。

%d GOLDでどうかね?

どうもすまないね。

それは買い取れないね。

あんたも落ちて来たんだね。,あたしの所に来た客は、,あんたで42人目だよ。#K#Dヒッヒッヒッ……,42人(死人)目とは悪かったね。#K#Dでも、風の噂じゃみんな,本当の死人になったらしいよ。#K#Dヒッヒッ、,そんな恐い顔で見なさんなよ。,哀れなババァだぁよ。#K#Dお詫びに,いいこと教えてあげるから、,機嫌を直しておくれよ。#K#Dあんた、ここへ来る途中に,崩れかけた壁を見ただろ?#K#Dあの壁は脆いから、,この大金槌で叩いてやれば,きっと崩れるよ。#K#Dそうそう、こんなのもあるよ。,ただの鉄の玉だけどさ。#K#Dここいら辺には,落し穴が沢山あるから、,こいつを使って床を調べるのさ。#K#D便利なもんだろ?,ささ、どれを買いなさる。#K

崩れかけた壁は、,この大金槌で叩いてやれば,きっと崩れるよ。#K#Dそんでもって,この鉄の玉を使えば、,落し穴のある床が分かるのさ。#K#D便利なもんだろ?,ささ、どれを買いなさる。#K

傭兵風の男

痛っ……俺としたことが……

なんだお前は……?,お前も、財宝目当てで,この遺跡に迷い込んだのか……?

何? 地面に穴が開いて落ちただと?,くっくっ、間抜けな野郎だ……

……まあいい。,欲に目がくらんでねえ分、,俺よりはマシなようだからな。

一言だけ忠告しておいてやる。,いいか、ここは恐ろしい場所だ。

お前も命が惜しけりゃ、,常に冷静になって行動することだ……

傭兵風の男

ここは一体どこなのか、,このボロ臭い遺跡が何なのか……,そんな事は誰も知らん。

ただ一つはっきりしているのは、,ここが一瞬でも気を抜けば,死に繋がる、危険な場所だって事だ。

チッ……,俺もどうして、こんな地の底まで,やって来ちまったんだかな。

くっく、まったく……,人間の欲ってのは罪深い……

傷が痛むんでな、,しばらく休ませてくれ。

……それと、お前も………,この世界から出ようなんざ考えるなよ。

それこそ、夢物語ってやつだぜ……

ひび割れた碑石がある。

碑石が壊れている。

何かの力によって、,大金槌が跳ね返された。

壊せそうだが、,何かの力によって護られている。

ここは壊せない!
Personal tools